プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
24888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1338位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士見パノラマCコース“野風”のスクールにて

「じゃあ、ゆっくり行きますから着いてきてくださいネ」と声を掛けコースイン、「ブレ~キ」、「離す」、「インに振って」、「バンクにタイヤ当てて、腰引いて~」、「ハイ、ブレーキ」と僕が叫んでいる。ここはダウンヒルの聖地と呼ばれる富士見パノラマのCコース。全長7.2㌔高低差800㍍日本で一番長いダウンヒルのコース。他にBコースとAコースがあるけれど、Bは無茶苦茶テクニカルで初心者では歯が立たないし、Aは自転車競技連盟の公認コース高低差800㍍を4㌔で下り切る高速コース、クロスカントリー用のマウンテンバイクのブレーキでは歯が立ちません。
P5272308_convert_20120530081630.jpg
Cコース入口。この後ろの林の暗い穴のような所に飛び込んで行きますw

今日は、つい半年前までビギナーだったスクール参加者のパノラマCコースデビューの日。逆に言ったらヤマミチのインストラクターとしての力量が試される日でもある。もし、僕の教えたことが参加者達の力量に合っていなかったならそれは大きな怪我に繋がってしまうし、また参加者達が怖い思いだけをして楽しめなかったらそれもイベントとしは失敗である。
参加者もドキドキならヤマミチもドキドキなのであるwww
P5272311_convert_20120530081841.jpg
二人のこの笑顔を見てほっとするヤマミチでした

STP野風としてスクールを初めて一年経ち、次にどんなプログラムを展開しようかと考えたのがこのパノラマデビュースクール。アドバンスのスクール1回とトレイル走行2回を経た後パノラマデビューという内容。いつものビギナースクールから始めると半年かかるプログラム、果たして参加者はありやと心配したけれど3人が参加してくれて、今回のパノラマはそのうちの2名のデビューとなった。
P5272316_convert_20120530082214.jpg
ここに来る8割のライダーはこんな感じの完全装備。僕らのような里山スタイルは少数派

このCコース、エリートクラスのライダーだったら10分代で走り切る、速いアマチュアで15分代、僕らの乗るクロスカントリー用だったら17分で下れたら御の字だろう。それも身体が持てばの話しであるがwww初めての人が5分も乗ると口にするのが「下りがこんなに疲れるとは知らなかった」という決まり文句。フクロハギとニノウデがパンパンになって指は力が入らずガクガク。知らない人には自転車に乗ってるのに何故と思うだろうけれど、ダウンヒルではペダルを水平にしてその上に立ち、膝と肘は曲げておく。ようするにペダルの上に中腰で立ってハンドルに手を掛けている状態でダートの坂道を時速30㌔以上でマウンテンバイクをコントロールしながら下って行くのだ。
スキーやスノーボードを初めて遊びに行ったら必ずスクールに参加するか、友達にきちっと習うかすると思う。マウンテンバイクも同じ、ビギナーのスクールでは「マウンテンバイクは自転車ではありません、サーフィンやスノボの板と同じモノなんです」という言葉で始まるけれど、今日はそのスノボの板のようにマウンテンバイクを乗りこなす日でもある。
P5272312_convert_20120530082138.jpg
休憩中

2本目、今度はヤマミチが参加者の後ろを走りながらアドバイスを送る。「ブレーキ掛けないよ、我慢我慢」、「ハイ、ブレーキ―」等々。二人ともチャンとラインを自分で選んで走っている、OK。
あっつ、先頭を行くN君がジャンプスポットで飛びそうになる。「うわっー」と声を上げコースアウト。でも、しっかり腰を引きリアタイヤを流して事なきを得る。「OK、OK」とヤマミチ。
スクールで習った事をしっかりと行い転ばずにリカバリー。これが出来ればビギナーは晴れて卒業ですwww

3本目、ヤマミチが走る後ろを2人に着いてくるように指示。僕は6分の感じで流す。二人ともしっかりと着いて来てくれます。始め休憩所ごとにヤマミチとの時間差を測ったら1分以上開いていたのが30秒以内に収まるようになってきた。ここまできたらもう一人Cコースを走っても大丈夫。次にパノラマに来たら今度は3人で Bコースに挑戦しませうwww
P5272320_convert_20120530082253.jpg
今回は3人とも輪行の電車でやってきました。パノラマから駅まで富士見町の田園風景をプチツーリング。我がスクールはあくまで里山MTBerを目指すのですwww
スポンサーサイト

写真でつづる、ヤマミチ MTB遍歴の12年

40歳を過ぎてから何故か自分の誕生日に自転車に関するエポックメイキングな事象が良く起こるようになった。
そもそも、40歳の誕生日ボーイスカウトのリーダーとして集会からの帰り道、クロスバイクの上でペダルを漕ぎながら、俺はこのnon formal educationを職業としていきたいと決心したのが最初ではなかったろうか。その後この思いだけが募っていくのだが、漠然とした日々をこのあと数年過ごすことになる。
img025.jpg
この当時はこのクロスバイクでトレイルを走っていた。そろそろ歯が立たなくなりマウンテンバイクの購入を考えだした頃。

43歳の誕生日、前の年から始めたMTBで初めてシングルトラックに連れて行ってもらい、MTBにずっぽりとはまることになる。この後の1年間、最低月2回はこのシングルトラックに通い続けることになり、次の誕生日もその次の誕生日もそこにいた。
img028#
フジのビーチクルーザーのフレームにコンポはディオーレ、ヘッドは1インチのためフルリジット。ホイールはタイオガ、タイヤは1,5。初レース参加の時。このタイヤとフォークとテクニックの無さで2回ばかし激坂で前転した。

46歳の誕生日、前の年11月に参加した日本マウンテンバイク協会の指導者・普及員養成講座を受け、MTBインストラクターの資格を取るべく2月の検定に向け課題練習の日々。スタンディング・スティル30秒以上を猛特訓中だったと思う。
048.jpg 086.jpg
この時の練習用に組んだフルリジットの男前バイクのアンカー。コンポは前のフジから組み換え、ホイールはショップの手組、フォークは何処だか忘れたwww もう一台06アンセムも所有。

045.jpg 028.jpg
無事インストラクターの資格にもパスし、レースで移動マーシャルのお手伝い。この頃から仲間内で無料のスクールを定期的に開催するようになる。


51歳の誕生日、この日初めて有料のMTBスクールを開くことができた。
そして1年が過ぎ、昨日もスクールを開催することができた。あのクロスバイクを漕ぎながら決心した日から、12年の月日が過ぎていた。

ただただ、多くの方々に感謝。

浅間尾根(センゲンオネ)

浅間尾根に行って来た。と書かれても奥多摩には僕が知っているだけでも4本の浅間尾根があるしMTBのルートでも2本。で、今回は桧原村の浅間尾根。

この名前の付く尾根は登り切ると富士山が見えるか木花之佐久夜毘売命を御まつりしている神社や祠がある。日本のお山はどこも信仰と深く関わっている。また、浅間(あさま)とは古語では火山という意味。阿蘇山のアソも同類の言葉である。そして、古道を元とするトレイルやハイキングコースには馬頭観音が良く見られるが馬による交通が発達した江戸時代のモノが多くそこで死んでいった馬の供養塔となっている、馬頭観音以外の石仏があれば、それは、そこで行き倒れた人の供養塔である、合掌。ただ、ただ面白いと走るのではなく、古にも思いや敬意を払い、遊ばしていただくという気持ちが欲しいモノ。古も今中も未来も含めての日本なりのシェア・ザ・トレイルでありたい。

僕にとっては3度目の浅間尾根。最初はフルサスを初めて手に入れた2006年、そして2007年の2回。どちらも家からの自走であったが今回は車www 2台で来て1台は下の駐車場に停めもう1台で浅間尾根の駐車場へ。本日の参加者はヤマミチ、チーフY、chinさん、ゲイリーさんの4名。
最初に走った感想を言ってしまうと、“あれ、このトレイルこんなにきつかったっけ”というものwww
すごく初心者向きのお気楽なトレイルという印象しか残っていなかったしみんなにもそう説明したはずだったのに
。歳のせい?www

まずは、浅間尾根登山口の標識から入る10㍍有るかというぐらいの登り、激過ぎて登れません。登り切り尾根道を見ると杉の根の階段状の激下り、左右は切り立った痩せ尾根。下れませんwwww
と、そんな出だしでまず目指すは藤原峠。尾根道に入って最初は痩せ尾根が続き上り下りの連続となるが、前に走った時より手が入れられていて走り安くはなっていた、でも道の狭さや谷の急傾斜は変わるべくもなく視線は一本橋と同じく真っ直ぐ先を見つめて横を見ないように気を使う、見ると不思議な物でその方向へ行ってしまうのだ。ところが真っ直ぐに走ろうとしてもその細い細いトレイルを山側から谷側へ木の根っこが張り出していたりする、道幅20㌢www ホントに、もちろん谷は急傾斜。20㌢を通るか、根っこを飛び越えるかの決断。ビビります。でも、フロントをプッシュして浮かせ根っこを越える。まだ足があるので出来るのだが、後半は足が売り切れてからは自転車を下りて通ることも2度位あったか。藤原峠を越えて登り切り下ると浅間嶺の分岐、ここからは下り基調の楽しいトレイルという記憶しかないのだが………
PB290927_convert_20111206235139.jpg  PB290941_convert_20111206235247.jpg
上)ルッツの階段、谷は急傾斜www
下)杉林を出ると痩せ尾根へ、細いところはこの半分以下

ここからは滑らかなところは極上の落ち葉の絨毯のトレイル。ちょっとしたギャップは山側の盛り上がりを利用して切り返し、キャンティング、ラチェッティングで抜ける。そうするとリズムが生まれスピードもドンドンと上がり大きなギャップをドロップオフ。ドロップオフをするとまたスピードが上がる。2回来ているトレイルとはいえ前が数年前のこと、ギャップの状態も変わりほぼ初見と言っていい状態で瞬時の判断で走って行くこの緊張感と自分の中の分が鬩ぎ合っているのがまた楽しい。なんぞと気を良くしていたら通行止めのテープが張ってある、この先崩落の為尾根へ迂回とのこと。もしかしたらこの迂回路の押し上げが今回一番きつかったかも。時間にしたら5分ぐらいか?標高差で2,30㍍、勾配は35度と登山の急騰ぐらい。一度止まると次に進む距離がどんどん短くなる。
登り切った所で目の前にとても細いが気持ちよさそうなトレイルが伸びるが流石に小休止。燃料補給を終え浅間嶺へ向け下り出す、下り切れば浅間嶺のはずw
PB290956_convert_20111206235347.jpg PB290969_convert_20111206235450.jpg
ピークから下りへ     落ち葉の絨毯

気持ち良く下り軽い登り返しを登り切るとトレイルは平らに。が、目の前には直径30㌢オーバーの倒木、普段通り乗り越えたつもりがペダルを引っかけてしまう。前につんのめりあわや二月前の再来??? と思ったが何とか踏みとどまり越える。相当足腰に来ていてリアを完全にホップさせられなかったのが原因。僕の後ろを走って来たチーフY(ちなみに年齢は僕の半分、トリックは僕よりうまい)も同じ失敗をしたのを見てほっと胸をなでおろす51歳でありました(^_^;)

浅間嶺に無事到着、13キロのコースの8キロぐらいの地点。あともうひと踏ん張りと思ったのだが、この先にこのコース最大の難所が待っていたとはゼンゼン記憶にございませんでした(>_<)
PB290971_convert_20111206235545.jpg PB290978_convert_20111206235644.jpg
下りて1台づつ渡る                  ガレ場の階段

それがガレた階段状のトレイル、これが延々と1㌔はある。登山道で傾斜が33度以上のところには階段をつけるのが普通である、ということはここは激下りでご丁寧にもつづら折れのヘアピンコーナーが連続する。落差は20㌢から40㌢までよりどりみどりwww もちろんこんなところの山側も谷側も急傾斜、左右の逃げ場も有りません。それを10㌔近く上り下りしてきた身体で下りるのは………
これ1本だけというならば1回ぐらいこけるの覚悟で意地でも乗ってやるのだが。本日は、やばいところでは降りることに。歳と共に物分りの良くなっているヤマミチですwww 
それにしてもこんなしんどい場所の記憶がないのが信じられない、前回気づかぬうちに転んで頭打って記憶が飛んでいるのかとでも思いたくなる。そして、せめてフルサスで来るんだったと悔やんでもトレイルの最後のパートじゃ考えるだけむなしくなりますwww
まぁ、でも終点のない道はありえないということで時坂峠に全員無事到着。

尾根全体に南側を巻くとき以外は奥多摩方面の視界がいいのだが、この時坂は別格の眺め。春夏秋冬いつ来ても気持ちのいい場所です。
PB290988_convert_20111206235739.jpg PB290992_convert_20111206235827.jpg
上)時坂峠にて 今度来る時はフルサスでwww
下)帰る途中の数馬の宿城山で釜めし

後は舗装路を下れば下の駐車場、エアを抜いたマウンテンのタイヤで思いっきりこの下りをぶっ飛ばすときっととんでもない目にあうので慎重に下りることにするhahahahahaホントに物分りの良くなったヤマミチでしたwww

海を越え伊豆大島へ行って来た

2週続けての火山と絶景、そしてどちらもMTBがらみ。
ウ~ン、満足、久しぶりの充実感。肩のギブスも取れたしねwww。
まぁ、MTBに乗る時はさすがに付けるけど(^_^;) 病院で 「歳にしては治りが早いね」等と言われ、「おお、さすがは俺様だわい」と思い、つい調子に乗りジャックナイフをやってみたら癒着部分を剥離させてしまいギブスとるのが2週間伸びた。病院ではレントゲンを見た先生に「何やった」と、問い詰められ「これでくっつかなかったら手術だから、骨を移植しなくちゃならないし。アー大変だ」と脅され良い子にしておりましたwww
そんな甲斐あっての先週と今週。最高のご褒美でした。

先週は3度目の正直で実現した嬬恋ロケ。2回雨で流れ、3回目を企画した段階でまたもや中止の危機がやってきた。そこで一計を案じロケに漕ぎ着けた。この企画を編集長の発案のように記事で見せかけモデルの女の子たちにはちょいと大変の思いをしてもらったが、まぁ終わり良ければ全て良しということでwwww

ロケから帰って来ると、自転車業界屈指のライターK氏から、「急遽大島ロケが決定しました、都合が良ければMTBを持ってどうぞ」と電話が入る。これは、某出版社から出る新雑誌の巻頭企画の為のロケ。
PB210816.jpg
御神火茶屋から三原山火口を望む。
先週も今週も晴天のロケ&大絶景。


そして、大島、MTBとくれば三原山裏砂漠。やったーーーwwwwwwww
MTBに乗り出した頃に写真を見せられ行ってみたいとずっと思っていたところ。
今回はロードバイクとMTBの撮影が目的なので全行程走れるわけではないけれど。

月曜日朝8時、竹芝桟橋。ライターのK氏カメラマンのW氏とおちあい東海汽船のジェットホイルへ。
8時40分発、大島10時20分着。速いの一言。流石は時速80キロ。
レンタカーで三原山御神火茶屋へ。まずはMTBの撮影から。表砂漠入口で火山礫ではなく砂丘のような場所で撮影開始。W氏の注文通りの場所へ行こうとするも普通には登れないような砂の傾斜。登ったら登ったで真っ逆さまに落ちそうな斜面をトラバースしてほしいとのこと。乗ってしまえばバランスを取って降りることができるだろうが…
PB210813.jpg
表砂漠への入り口。ガレたトレイルが食欲をそそりますwww
裏砂漠へは御神火茶屋から反時計回りに半周する。


そうなんです、ヤマミチ、モデルデビューなのです(拍手www)。ちなみに顔は写りませんが。
だから、出来ませんとは言いたくないので意地で乗って降りてみましたwww
さすがにへっぴり腰になってやしないかと心配でモニターを確認させてもらうと、そこには見事砂を巻き上げちゃんとしたポジションで降りてくるヤマミチが。うっうっ(涙)かっこいいwwww ふん、わかってますよヤマミチがじゃなくて写真がってことぐらい(・.・)

その後はライターのK氏がロードバイクのモデルとなり島を1周し明日のロケハンへ。
そして、いよいよ明日の午前中は、念願の裏砂漠。
PB210828.jpg PB210856.jpg
ロードバイクにはこう言う風景が似合います。ちなみにK氏のこのバイクフレームはcad10、コンポはスパレコにボーラのウルトラで6,7㌔とか。 
フレームにほれ込んでとK氏のたまわく。流石は○○に聞けということかwwww 上、椿ラインから大島空港を望む 下、元町港の夕日



朝8時30分宿を出発。9時裏砂漠入口の展望台へ到着。ガレたシングルトラックを登り切り見通しのいい所に出た瞬間口をついて出たのは「О、O、O、Oha-」という雄たけびだけwww

眼下の急斜面から黒い火山礫の砂漠が続き、ラインを引いて区分けしたような森の緑、その先は青い海と青い空白い雲。K氏W氏が追い付くまでしばらく見入ってしまう。歩いてくるだけならばこんなに感激はしなかったかもしれないがその場所を自分が大好きなMTBで走り、なおかつプロに写真を撮ってもらい、雑誌に載る。自分も人に対して同じことをしてきたのだが自分がしてもらえる日が来るだなんて考えてもみなかったwwww
その場所がここなんて、感謝、感激、火山礫www
PB220859.jpg
この絶景にして、この傾斜のキャンパーのコーナーwww

「じゃ、2つ先の丘からこっちへ向かって来て、走り抜けてください」W氏の指示。
昨日と違い良くしまった火山礫の踏みわけ道、調子よくクランクを回せる。登りもリアタイヤが沈まないように強めにフロント荷重。少しでも長く走りたいので指示よりも奥まで漕いで行く。
手を挙げて合図し走り出す。気持ち良い下りはいつものバイクの発する摩擦音とタイヤの下の火山礫のいつもとは違うギシャギシャというような心地よい響き、直線が終わり山腹を巻くようなコーナーに入って気付いたのは登りでは絶景に見とれて気がつかなかったキャンパーのコーナーwww この急斜面で転がったら何処まで落ちる事やらと一瞬胃が縮む。リーンアウト&身体は山側へリーンインで何とか切り抜け無事撮影は終了。

自転車を引いて一緒に歩いて降りようとしたら「いいですよ、乗ってちゃって下さい」W氏がニヤッとする。
僕も心の中で「あざーす」といい、ニヤッとする。

では、遠慮なく駐車場までの短いシングルトラックのDHをいっただっきまーすwww
と、走り出し最初のコブをドロップオフ。してみて驚いた、着地しても礫でスリップしスピードコントロールができない、ブレーキをこのまま掛けてもリアが滑ってどうにもならないのは判っていたのでススキの群生地の根っこの淵へバイクをコントロール、根っこをリップ代わりにコーナーリング、そのままシングルトラックへ飛び込んでいく。シングルはシングルで雨が流れた溝がそこらじゅうに走っているし、火山岩もゴーロゴロwww
ピョンピョン飛びながら下りてきた。溝の前でフロントを上げプチバニホでプチインバート。人に見られたら笑われるようなトリックでも本人は大まじめwww イヤー楽しかった、満足、満足、肩治っていてホントに良かったwww
つぎは、表から裏まで一気に走るぞと心に誓うヤマミチでした。
PB220873.jpg PB220887.jpg
その昔、文人墨客が遊んだという波浮の港。この風景を見ると納得、渋いです。勿論昼は地魚のにぎりで決まり。




嬬恋の話はベアさんの奥様のブログからどうぞ。
森のワンころりん


またまたやっちまった(ToT)/~~~

去年の11月にドロップオフの練習をしていて捻挫したのだが、今度は鎖骨だった(*_*)
流石に笑えねー(でも、笑)

先週の土曜日いつもの玉川上水の遊歩道。台風の倒木を避けながら走っている時にグリップを植え込みに引っかけてしまった。久しぶりの前転。切り返して入力した瞬間だったので気持ちよく飛んだ、のは良いけれど落ちたところが平らではない、肘から地面について一回転し肩を打った。何度もあるこんな経験、でも今回は落ちたところが不運だったとしか言いようがない。

右肩が痛いので恐る恐る触ってみると、gyahahahahaha段差がある。どういう見立てをしても骨折なのに本人はどうも認めたくない。癪に障るのだwww で、走ってみる。4キロ行ったところで流石にギブアップ。
家に戻り息を整えて病院を探す。今は土曜の午後、どこも病院の受け付けは終わっている。どうやって病院へ行こうか考えていた時、ふと思い出したのは……MTBのレースで何度も骨折した選手の応急処置をしてきた経験のある自分。鎖骨や上腕の単純骨折の場合処置した後クルマの入れるところまで躊躇なく歩いてもらっていた、なので自分だけ泣きごとを言って救急車を呼ぶことはできないwwwwwww

近所の都立病院のERに自転車で(全然懲りておりませんが、なにかWWW)行くが3時間待ちで本日の担当は外科ではないとのこと。家に戻りもう一度インターネットで検索。電話を掛け今度は整形外科医がいることを確認し病院へ向かう。

ERの処置室。先生はレントゲン写真をみながら
「折れてるね、全治2カ月かな、とりあえずギブスはめるから月曜日に必ず来てください」
「あのー、月曜は無理なんですが」
こいつ何を言ってんだという顔で先生は
「えっ、あーじゃぁ、なるべく早くね」
そう、明日のスクールは中止にするしかないのだが、明後日のロケはスタッフの中で僕しか知らないトレイルだし、なにせおとといの台風で中止になったロケを再企画して急遽決定したロケ。抜けることは出来ない(;一_一) 
まぁ、一緒に走るのはモデルの女の子2名なので、ゆっくりとしか走れないヤマミチの方が彼女たちには幸いであるとポジティブに物事をとらえなおし?????頑張ろうと思うヤマミチであったwwww
P9270452_convert_20110929163749.jpg
gyahahahaha折れてるwww
P9280453_convert_20110929163638.jpg
この状態で後2カ月(T_T)

ベテランの看護婦さんにギブスをはめてもらう。そういつもあんなことはありえないからね、今回猫を避けたわけではないしwww(猫の恩返し参照)
でも、このギブスの効果は僕の鎖骨の応急手当と基本的に変わらないことを発見。次に誰かの手当てをしなければならない時にはもっと自信を持って事にあたれるだろう。

翌日曜日は一日寝て過ごすwww

で、月曜日。本日転ばないことを祈るばかりであるwww が、石畳の激坂でシフトのタイミングをとちりチェーンが外れ滑って転倒。それもモデルの子の目の前で。
吐きそうな激痛に襲われる、何年ぶりかで本気のやせ我慢。冷たい汗が額にびっしりと浮かぶ、悪寒がしてくる。まぁ、肩をぶつけてはいないので大丈夫と自分で自分を安心させる^_^;
その後は何とか無事に乗り切りロケ終了。
P9260418_convert_20110929193834.jpg
こんな感じの激坂です。下はいつも湿ってるしロードバイクでは歯が立たないかもwww

火曜日、朝一番で病院へ。
先生曰く
「治療の方法は2つあって手術するか、このまま固定して2カ月我慢するか。ただし、どちらもちゃんとくっつく確率は同じなんだけどね」「手術の場合の入院期間は2週間」とのことなのでこのまま固定を選択。
その後レントゲンを見ながら
「おお、いいじゃない。これだったらくっつでしょう」との先生の見立て。
ふむふむ、じゃ、1カ月で治してやろうと心に決めるヤマミチでした。

ホントに1カ月で治るかはこうご期待wwww

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。