プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1226位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬬恋holiday

今回は嬬恋村に仕事でやってきた。
詳細はこの仕事のボスでもあるネイチャーさんのブログにゆずり→http://d.hatena.ne.jp/akagi39/20110622/1308743222

僕は丸々休みになった1日をブログに書くことにしよう。
べつに“嬬恋holiday”と題名に書いたからと言ってロマンチックな事は何もないけどね(-。-)y-゜゜゜
この日、午後からは友人のベアさんのナイフ工房に遊びに行く約束だったので午前中はツーリングと決め込む。その目的地を去年知りながら飲めなかった一杯のコーヒーを飲みに行くことと決める。のだが、その店の名前を覚えていないwww。北軽井沢ということだけはわかっていたのでグーグルで「北軽井沢 珈琲焙煎」で検索。これはと思うサイトの住所をグーグルマップにコピペ。で、経路検索。まるで、CMで見たような手順と成り行きwww 便利だと思いながらもグーグル帝国の一平民になったような気分^_^;

P6210166#添付

P6210169#添付

で、到着したのがこの森の珈琲屋さん。
10キロヒルクライムして6キロ走ってやっと着いた。

ここの珈琲は見てわかるとおり浅炒りの焙煎。でも、どこかのチェーン店とは大違いで甘くてしっかりとしたコクがある。こりゃ、相当生豆を厳選し乾燥させなくちゃできないだろうと想像できる。豆を買っていってもここまで上手く入れる自信が無いのでリキッドのアイスコーヒーをお土産で買う。興味をもたれた方はこちらから→http://sudacoffee.com/

ベアさんちへの訪問にはまだ時間があったので、こんな景色を見ながらのんびりツーリング。後ろに見えるのは勿論浅間山。
P6210170#添付

ガチで走らない時はお猿さんとツーリングというのが近頃のお気に入り。て、よりはクロモリのストレートフォークじゃガチで走ったら身体がバラバラになりそうwww
もう少し挙動のタイミングが上手くなればいいのだが。でも、ホイールの回り出した時の快感は29erならではと感じるようになった今日この頃。今度タイヤをケンダのスモールブロック8の700cに変えてみたいが……… うーん、それじゃぁクロスバイクじゃんwww

この後ベアさんに秘密のトレイルを案内してもらう。別荘地として手は入れられているものの何年も放置された為に雑木林となったシングルトラックや縦横無尽に走る気持ちのいいダブルトラックを走り回り、さらに奥へ奥へと進むと手つかずの一帯に出る。標高は1200m、痩せた火山灰の土地の上に高地独特の苔が地面を覆い尽くしその合間に松や高山植物が生い茂る手つかずの隠れ家のような場所。勿論そこへまで行くにはお猿さんを置いて歩いてはいるのだが。僕のような人間にとっては極楽のような場所、寝袋と焚き火用の台を持ってきて今度はここで一晩酒盛りでもするかと夢見るヤマミチでしたwww
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。