プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
24888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1338位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたやっちまった(ToT)/~~~

去年の11月にドロップオフの練習をしていて捻挫したのだが、今度は鎖骨だった(*_*)
流石に笑えねー(でも、笑)

先週の土曜日いつもの玉川上水の遊歩道。台風の倒木を避けながら走っている時にグリップを植え込みに引っかけてしまった。久しぶりの前転。切り返して入力した瞬間だったので気持ちよく飛んだ、のは良いけれど落ちたところが平らではない、肘から地面について一回転し肩を打った。何度もあるこんな経験、でも今回は落ちたところが不運だったとしか言いようがない。

右肩が痛いので恐る恐る触ってみると、gyahahahahaha段差がある。どういう見立てをしても骨折なのに本人はどうも認めたくない。癪に障るのだwww で、走ってみる。4キロ行ったところで流石にギブアップ。
家に戻り息を整えて病院を探す。今は土曜の午後、どこも病院の受け付けは終わっている。どうやって病院へ行こうか考えていた時、ふと思い出したのは……MTBのレースで何度も骨折した選手の応急処置をしてきた経験のある自分。鎖骨や上腕の単純骨折の場合処置した後クルマの入れるところまで躊躇なく歩いてもらっていた、なので自分だけ泣きごとを言って救急車を呼ぶことはできないwwwwwww

近所の都立病院のERに自転車で(全然懲りておりませんが、なにかWWW)行くが3時間待ちで本日の担当は外科ではないとのこと。家に戻りもう一度インターネットで検索。電話を掛け今度は整形外科医がいることを確認し病院へ向かう。

ERの処置室。先生はレントゲン写真をみながら
「折れてるね、全治2カ月かな、とりあえずギブスはめるから月曜日に必ず来てください」
「あのー、月曜は無理なんですが」
こいつ何を言ってんだという顔で先生は
「えっ、あーじゃぁ、なるべく早くね」
そう、明日のスクールは中止にするしかないのだが、明後日のロケはスタッフの中で僕しか知らないトレイルだし、なにせおとといの台風で中止になったロケを再企画して急遽決定したロケ。抜けることは出来ない(;一_一) 
まぁ、一緒に走るのはモデルの女の子2名なので、ゆっくりとしか走れないヤマミチの方が彼女たちには幸いであるとポジティブに物事をとらえなおし?????頑張ろうと思うヤマミチであったwwww
P9270452_convert_20110929163749.jpg
gyahahahaha折れてるwww
P9280453_convert_20110929163638.jpg
この状態で後2カ月(T_T)

ベテランの看護婦さんにギブスをはめてもらう。そういつもあんなことはありえないからね、今回猫を避けたわけではないしwww(猫の恩返し参照)
でも、このギブスの効果は僕の鎖骨の応急手当と基本的に変わらないことを発見。次に誰かの手当てをしなければならない時にはもっと自信を持って事にあたれるだろう。

翌日曜日は一日寝て過ごすwww

で、月曜日。本日転ばないことを祈るばかりであるwww が、石畳の激坂でシフトのタイミングをとちりチェーンが外れ滑って転倒。それもモデルの子の目の前で。
吐きそうな激痛に襲われる、何年ぶりかで本気のやせ我慢。冷たい汗が額にびっしりと浮かぶ、悪寒がしてくる。まぁ、肩をぶつけてはいないので大丈夫と自分で自分を安心させる^_^;
その後は何とか無事に乗り切りロケ終了。
P9260418_convert_20110929193834.jpg
こんな感じの激坂です。下はいつも湿ってるしロードバイクでは歯が立たないかもwww

火曜日、朝一番で病院へ。
先生曰く
「治療の方法は2つあって手術するか、このまま固定して2カ月我慢するか。ただし、どちらもちゃんとくっつく確率は同じなんだけどね」「手術の場合の入院期間は2週間」とのことなのでこのまま固定を選択。
その後レントゲンを見ながら
「おお、いいじゃない。これだったらくっつでしょう」との先生の見立て。
ふむふむ、じゃ、1カ月で治してやろうと心に決めるヤマミチでした。

ホントに1カ月で治るかはこうご期待wwww
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。