プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
24888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1338位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日雨で仕事も休み。暇なのでワシは考えた、Ecoのこと。 2009年06月24日22:28

近頃、エコに貢献すると何か得をするようなシステムが巷に氾濫しているように思う。まぁ、政府のエコポイントを筆頭に。
“エコだから”なんて、取って付けたような言い方。こんな言葉、ジョークとしてしか僕は使えない。
“楽してエコ”なんて言葉も良く聞く。似た言葉に“楽してダイエット”
“楽して”と枕詞がつくとそれは効果がないか効果が薄いって意味になる気がする。
後は、排出権取引。地球環境をここまで追い込んだ経済取引のシステムで地球が救えるのか。僕にはそうとは思えない。

ようするに、なんか得をしないと今の人は動かない。
日本人っていつからこうなっちゃったんだろうね。

それなのにボランティアなんて言葉には敏感に反応したりする。
ボランティアをボーイスカウト風に奉仕活動に置き換えたら、人は集まらなくなるんじゃないのかなwww
ボランティアって横文字になるとカッコいいけど、奉仕活動っていうと只働きって感じしませんwww
ボランティアの語原はVolcano(ヴァルケイノウ)。意味は火山。自分の内から沸き上がる思いを行動に移す事から変化した、言葉だそうだ。だから本当は奉仕とは意味が違うんだけどね。
もちろん、真剣にボランティアをしている人もいることは知っている。
ただ、勘違いさんが多いのも確か。
そしてエコも勘違いさんが多い分野かな。
どちらもトップダウンで動いている限りは、勘違いが無くならないと思う。どちらも内から沸き上がるボトムアップで考え行動していかないと。

生物としての人間を考えてみると、一見脳味噌の中の意識によって行動しているように見えるけど、実際は無意識下の反応や末梢神経という自分ではコントロールできない生物としての共通部分で活動の90%以上を占めているらしい。自分の意識で活動しているのは脳のほんの数%。まるでトップダウンで物事を全て支配していると思っている政治家や経済界のお偉いさんみたいなのが脳味噌の意識で、本当は国民や労働者というボトムアップの力がなければ何も出来ないというこの世界と、人間一個人の中で行われていることは同じなのかもしれない。この世界自体所詮人間の脳味噌が考え出した幻想であるのなら、体とこの世界が同じ勘違いをしてもおかしくないのだろう。

エコロジーと人間が唱えている言葉も、所詮は地球という惑星やその惑星上の生命の進化の上に成り立っているものに過ぎないのではないだろうか。その惑星の上で生物進化の頂点に立ったと思っている人間の唱えるエコロジーという言葉はこの地球に対してはトップダウンの言葉としか響かない。もっと真剣に地の底から沸き上がる地球のボトムアップの叫びに耳を傾けないとどんどん間違った方向に進んでしまう気がしてならない。具体的に言ったら、ハイブリットカー、省エネ製品、新素材、原発が地球のためになっているのだろうか。基本は、地球に元からなかった物質は作り出してはいけないということと、生産される製品の製造から廃棄までのエネルギー収支を考えること。この二つを守ったら地球環境をこれ以上悪くすることはないと思うんだけど。

といっても、今の僕にいい考えが有るわけでもない。しかし、間違っていることをやり続けるよりも、立ち止まってじっくり考えることも必要じゃないのかなと考える。ただ、政治でも経済でもトップダウンの時代が終わり、ボトムアップの時代が来た、これがキーワードかな。
こんな文章を考え、書いているのもトップダウン方式の僕の脳味噌と思うと、おかしくもあり、悲しくもありwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/17-28c26ec8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。