プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
24888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1338位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋にて 2009年10月24日23:35

仕事帰りに久し振りに立ち寄った街の古本屋に、これも久しぶりに立ち寄った。久しぶりの街なのだから、これは当たり前か。
すると、これまた久しぶりの古本に出会った。だけどその本は古本と言うにはあまりにもピカピカしていて、時間を飛び越えてこの本棚にやってきたかのようにそこにいた。僕を見て「やぁ、久しぶり」と声をかけてる気がした。

僕が二十代の始めに本屋にこの本が並んだときに、この題名と表紙のイラストに引きつけられ手に取った本だった。奥付を見ると昭和58年5月20日初版となっている。僕は、23歳。モトカミと結婚したばかりの頃だから、その当時住んでいた新宿の新大久保の駅の側の本屋で見たはずだ。仕事仲間の編集者がこの本の題名を口にしていたのを思い出す。

この当時僕は翻訳物のアメリカ文学に夢中で日本の文芸には一切興味を示さなかった時期だったと思う。ヘミングウェイに感激しその文体を引き継いだようなチャンドラーをこよなく愛していた時期だった。だから彼の言葉は馬耳東風。

ベトナム戦争の終結と共にアメリカという国の威信は揺らいだけれど、世間的にはまだまだアメリカという国の幻想からは抜け出していなかったこの時期、子供の頃から憧れだった国の古き良き時代を垣間見せてくれるハードボイルド小説は僕に新たな憧れの芽吹きを見せてくれていた。

だけどこの表紙のイラストと題名にはいたく食指を動かされた。ドメスティックな泥臭さが一切無く、しかしアメリカンポップカルチャーのバタ臭さではない和風のバタ臭さの装丁。特にこの表紙のイラストレーターは好きで青山のギャラリーに個展を見に行ったこともあった。なのに、この本が短編集だと言うことも知らなかった。当時本屋に並んだこの本を見て、ホントに表紙を眺めていたんだろう。いや、手に取って見たかもしれないし1、2ページぐらいは読んだかもしれないが、この表紙のイラストと本の題名に飲み込まれてしまったのだろう。

その本が今、僕の目の前にある。
この作家はその後ベストセラーを多く世に出し続けて現在に至っている。なのに、僕の中のこの作家との接点はこの本の題名だけだ。
折角だから読んでみることにしよう、26年前の自分でも思い出しながら。

そして、この本の題名は“中国行きのスロウ・ボート”
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/20-db9ec084

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。