プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1226位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬の先までやってきた

obs長野#4

先週は嬬恋村、今週は白馬と甲信越を放浪中のヤマミチです。
松本で満開の桜を見て、ああ、嬬恋と同じと思っていたら大糸線を白馬方面に進むに連れて桜は閉じて行くし北アルプスの頂きの雪も深くなっていく。そして安曇野までは川を越える度に清流の流れに心を和ませても、そこを過ぎ山が深くなるに連れて川の流れも雪解けの濁流へと変化していく。青木湖を過ぎ白馬に近づくと川の流れも北から南へから、南から北へと逆転する。それにしても関東で生まれ育った人間にはどうも、北へと流れて行く川に今だに馴染めず違和感を覚えるwww
松本で4両で出発した大糸線は大町で2両となり南小谷でとうとう1両となった。ホントどこまでやって来たんだろうと考えてしまう。そして4駅、やっと平岩駅に到着。

今回はWMA・WFR(ウイルダネス・ファースト・レスポンダー)の講習のためOBS長野校にやってきたのだが、去年資格を取ったWMA・WAFA(ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド)よりも完璧な知識と技術を求められる。またまた脳みそがパンクしそうになる三泊四日の講習が待っているwww
obs長野#3

何を習うのかを簡単に言ってしまったら、ウィルダネス環境下で救助すべき人に出会ったら、その人の命を守りその環境から適切な方法で脱出させる。これは、真っ暗闇の森の中で正しい一本の小道を見つけそこから抜け出る事に等しい。その、小道を探すタイマツを持つことを習うとでも言ったらいいのだろう。

乱暴な言い方だが街中だったら10分もすれば救急車が到着するだろうからその間にできる処置を覚えればいい。
しかし、山道を1,2時間入ってしまえば怪我をした人を運び出すのに来た時間の3倍から5倍の時間がかかる。この時間その人の命を守りとおすには事故の状況と怪我の程度を確実に把握し、処置を施し、隠された命の危険からも守らねばならないということだ。その為に習うことが、PASシステムと6つのプロトコル。
PASシステムとは要救助者を発見した時に行う状況の把握、命にかかわる重大な問題、怪我の処置までを一連の流れで行うための方法、6つのプロトコルとは、普通のファーストエイドをを上回る処置の手順で、処置の遅れが結果として患者に受け入れがたい危険に合わすような状況下で用いるための手技と知識。
このために3泊4日座講とシュミレーションを繰り返し最後にペーパーテスト+実技のテストが行われる。
obs長野#2

で、飛ぶように時間は過ぎていき四日目午後 テスト。
ペーパーテストは自分では間違えは五問以内と予想。よし、これならなんとかなると気を良くして(結果は、見直しをして書き換えた2問を見事に正解から不正回に書きなおし7問の間違え(>_<)) そんで、実技へ。
シュミレーションの状況の説明を受けて部屋に入る。あれ、口は勝手に動いているけれど頭の中は真っ白wwww
PASシステムの順番を思い出そうとするのだけれど頭の中にシステムの図は出てくるのだが文字がそこには書いてない。口は気持ちを無視して「だいじょうぶですかー、どうしましたー」などと勝手に動いて事態を先へと進めていく。何が終わり、何が終わっていないのかさえアヤフヤになってくる、パニック。「ああ、ならったASR(急性ストレス反応)の状態ってこれなんだ~」と要らぬ納得。患者役のインストラクター・ハマッチから「深呼吸していいよー」と助け舟深呼吸して、心の中で歌を歌って再開www
何とか最後の脊椎の触診にこぎつける、そこで「はい、いいですよ」と声がかかり終了。
僕の頭の中は一瞬「????????」で、も一度真っ白。「落ちた」というのが沸き上った感情、でもこれは時間の問題だったと後からわかる。結果、今回受講した20名全員合格。 はぁ~~~ 自分のことで久しぶりに目頭が熱くなった4日間でした。。。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/43-1feefb6f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。