プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
24888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1338位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた嬬恋に行って来た

ナイフを作りに嬬恋へ

近頃、MTB日記というより嬬恋の話しばかりのこの日記。で、今回もMTBはでてくるけれど話しの最後の方www

仕事も兼ねて今月も嬬恋にやってきたヤマミチですが、仕事の話はいつも通りネイチャーさんのぶろぐにまかせるとしてwwww
(樹の声が聞こえる http://d.hatena.ne.jp/akagi39/20110808/1312765143 http://d.hatena.ne.jp/akagi39/20110806/1312635431)
今回のホントウの目的は念願のカスタムナイフのデザインを詰めること。都会でのお仕事をそうそうに切り上げ、嬬恋に前乗りしていつも泊めていただいているネイチャーさんのところへ。早速ベアさんに連絡し遊びに行く約束をとりつけ、MTBにまたがり12㌔のヒルクライムへと出発。前回は初めて行ったので60分弱で着いたけど今回は45分。あれこれだったら、乗鞍を90分で走れるかもなんぞと出場する気も無いレースのタイムだけを妄想wwww ベアさんの工房に到着。
P8060244_convert_20110810074929.jpg
手前のガレージがベアさんの工房

今回作りたいナイフのブレードのデザインは決まっている。USエアフォースのサバイバルナイフのオーセンティックなもの。これを、フルタング構造(ブレードとハンドル部分を一体で作る)にしてグリーンキャンパス・マイカルタ(キャンパス布に樹脂を塗り積層にしたもの)のハンドルを付けるというもの。このナイフの形はガキの頃TVで見た西部劇のインディアンの使っていたナイフ。まさに少年の頃の夢の実現です。
P8040215_convert_20110810073117.jpg

デザインも詰めナイフの名前も「ゴヤスレイ」と決め、ベアさんとMTBを引っ張り出して森の中へ。この一月ベアさんはMTBを乗り回し近所のトレイルを走り回りエコツーリズム用のコースを何パターンか用意しておいてくれたのです。
これが面白いwww 別荘地内の舗装路、ダートを走り回りシングルトラックを抜け浅間山麓の原生林へと続く道。初心者の人にも取っ付きやすいコース設定。距離は短いんだけど満足度は100%www
ホント笑顔がこぼれてきます。でも、この原生林何度行っても道に迷い方角が一切わからなくなるし、時々森の熊さんも登場するらしいんだけどね。ご希望があればご案内しますよーwwwww
P8060254_convert_20110810073943.jpg
別荘地のダート
P8070263_convert_20110810074122.jpg
原生林をぬけ高山植物の群生地へ。ホントは雲の部分に浅間山が見えるはず

そして、その晩は夜遅くまで、酒精と共にナイフから始まりMTB、ジャズへと話しが跳び跳ねる二人でした。

贅沢な朝

てなわけで、今回ベアさんのお宅に泊まることに。
それもログキャビンのゲストハウス、ちょっとしたホテルの離れ並の1LKの造りです。
ただベットの上はナイフ製作の材料に占拠されていて使用不可、ハンドルの材料のスタッグの角が山積みで動かす気には到底なれませんwww
で、ベアさんから支給されるのが山用のマットと寝袋。僕にとっては普段のことなので何も問題無し。
P8060242_convert_20110810073747.jpg
ゲストハウスらいおん亭
P8060241_convert_20110810073606.jpg
これは朝飯ではなく朝食www

そして、朝。夜明け前に目が覚める、小鳥の声で。気持ちの良いビックリ! しばらくゴソゴソしているが二度寝。次に目が覚めると窓からの朝日に照らされた自分がいた。ベアさんによると久しぶりの晴れの朝だそうな。珈琲を煎れてきてくれたベアさんと工房でナイフ談義になったところで、ウッドデッキで朝食。まるでペンションに泊まってるような気分。普段の自分の生活とはあまりにも落差が大きすぎてそんな錯覚にwww 庭も、インテリアも奥さんの趣味のカントリー調、カントリーライフの取材を受けるほどの素晴らしいでき。

そんな素晴らしいゲストハウスにベアさんのおかげで強制的に二泊もすることになるのだがwww

ねっ、ベアさん。そして奥様お世話になりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/47-3beabea3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。