プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
24888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1338位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50のオヤジ2人でパノラマ珍道中wwww その2

2日目朝、適当に身体が痛いwww。
今日一本目は山頂の周回コースを回り丸金林道を降りてくる予定で出発。
周回コースを時計回りで回り始め入笠山山頂方向へ向かうが入笠山が見えてくる頃には舗装路となり、車が走りバス停があった(>_<) 周回10キロのうち6キロは舗装路。知らなかったとはいえがっかり。そして最後に2キロの登り、それも容赦のない登り。ダラダラと降りてきた6キロを2キロで同じ標高まで登り返す、それもダートでwww。
2キロを登りきり後から来るゲイリーさんを待つ。待つこと7分ゲイリーさん到着。
P8170309_convert_20110831222323.jpg
登り切った喜びを表現する50のオヤジ

たっぷり休んで出発すると直ぐ丸金林道入口の看板が、この入口から6キロ下り2キロ走ってパノラマに戻る。コースマップには中級者以上となっている。走り出して暫くすると中級者以上に納得。斜度はCコース並、これで本当に一般道かと思うようなきつさと軽自動車がやっと通れるような道幅とタイトターンの連続、そしてコースのようなラインは無いし谷側は崖。自分でラインを作っていかなくてはならない、しかも路面はガレている。トランスファーが確実にできなければブレーキを引きずりっ放しで降りるかワイプアウトしかないwww
P8170317_convert_20110825145805.jpg
緩く見えますがCコース並の下りです。道幅、路面ずっとこんな感じ

タイトターンは轍を使うか路肩のリップを使う。スピードを落とさない為にはターンのラインに乗る前にイン側にバイクを振り抜重しながらアウト側のラインにタイヤを置くイメージ。勿論ラインにタイヤを置くまではブレーキでスピードコントロール、ラインに乗ったらブレーキを離しエンジンで言えばアクセルオンの状態に。オーバースピードであればブレーキを掛けずアウト側の膝をトップチューブに押し付け、イン側の膝を開いてやる。上手く決まれば快感、失敗すれば地面にサロンパス(古いwww)そのギリギリで脳みその中の快感物質が沸騰する。これを求めてまたやってしまう。

眼球から入った光が網膜で結像し視覚神経を通り脳に送られる。その情報を前頭葉で判断し言語化せずに右手、右足、左手、左足へと脳の中の別々の場所にある運動野から情報が送られ手足を動かしバイクをコントロールする。この時間コンマゼロ5秒以内。この緊張の連続とその成功が快感物質を生み出しリズムとなる。

これが続くと鼻の奥できな臭い火薬や硫黄の燃えたような臭いがしてくる、直感的にこれを感じると精神的に限界、スピードを緩めることにしている。導火線に火がついてチリチリ音が鳴りだし爆発寸前のイメージ、ここを越えると次のステージに進めるのかもしれないが……… やめておくwww
P8170311_convert_20110831222418.jpg
上手く下れている喜びを表現する50のオヤジ
P8170312_convert_20110825145620.jpg
ゲイリーさんのお店のスタッフまりちゃんに「上の写真とは大違い」とほめられたヤマミチの写真www

で、休憩。ゲイリーさんを待つ。前日Cコースを走っていなければ無理だったとはゲイリーさんの弁。僕も初見のトレイルをこれだけ飛ばしたのは久しぶり、脳みその奥のほうがクラクラしている。路面がガレていて硬いのでいつものトレイルのようにあまり気を遣わなくて済むのもうれしい。ただし、オートバイの登りのタイヤの跡があるのでトレイルバイクには要注意だろう。まぁ、エンジン音で遠くてもわかるけど。この後、ジムニーと出くわすのだが2速か3速で目いっぱいエンジンをブン回して登ってきたのが、かなり遠くからわかったしスピードも出せないのである程度は安心だ。
P8170319_convert_20110825145448.jpg
周りの樹木が広葉樹になると後2キロ

その後も2回休憩を入れ無事に下りることができた。めでたしめでたし。
パノラマに戻り昼食。ゲイリーさんはこれにて終了を決め込むwww僕はもう一本Cを下りたいのでリフトへと向かう。P8170321_convert_20110825145409.jpg
無事に降れたことを祝し記念写真に収まる50のオヤジ達www

今度は一人なので容赦なくCコースへ飛び込む。とは言っても所詮50のオヤジの出せるスピードですがwww 丸金林道の感覚がまだ残っているのと昨日も走っているので軽くラインに乗って走れる。ドロップオフで調子こいて飛びすぎないように抑えて入るが昨日より飛んでいると思う。でもこれって後ろから見ると10センチか20センチタイヤが浮き上がっていたら上出来www、自分では4,50センチは飛んだつもりになっているのだから。でも、この空中で自転車の質量も自分の体重も感じなくなる無重力感は病み付きになりますwww 
それにしてもジャンプスポット前より増えたよね、それとも飛べるようになったので見えてきたのか。ちなみにまだ自信のない人は山側を通ると飛ばずにすみますよ。
P8170333_convert_20110825144859.jpg
はい、見ての通りパンクですが何かwww

てなわけで、いい気になって飛んでたらパンクしたwww
まだ着地のコントロールが雑な証拠。はぁ、まだまだ精進の足りないヤマミチでした(ToT)/~~~


そんなこんなで本日も終了、温泉につかりまったりとした後に家路に着くオヤジ2人でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/50-f57d6be2

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。