プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1226位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始

あけおめの 謹賀新年 お正月 去年も今年も MTBにあけくれるなり
って感じで、新年を迎えたMTBerヤマミチです。
去年1月から始めたこのブログも1年間で延べ1950人もの方に見に来ていただいてうれしい限りです。ありがとうございました。そして、今年もよろしくです。

12月30日
個人的にもこの走り納めで毎年行っている2トレへ今年は8人の大所帯で行くこととなった。全員ローカルトレイルで知り合ったロコの悪童ども。どう見ても畳の上で死ねそうもない野郎どもばかり。
生まれも歳も育ちも違う野郎どもがMTBという遊びだけで繋がり、何の利害も力関係もなくつきあえる、純粋に。そして、全員が全員走れます、MTBerとしてこういう悪童どもと走るのが一番楽しいし幸せを感じる時かもwww

てなわけで、輪行、車、自走でいつものコンビニへ集合。そんな横に、どっかのMTBのチームが15,6台でやって来る、向こうはチームジャージやレーパン姿、明らかにこちらと雰囲気が違う。ウーン、こちらはどう見ても山賊の集団。でも、これが好きwwww

12月31日
今日はゲイリーさんのショップの集まりで相模湖プレジャーフォレストへ。人数は昨日の倍ぐらいかな。
某自転車メーカーの社員さんやそのショップスタッフがメイン。

ここに来るのは10年ぶり。僕のレースデビューの場所でもある。まだMTB乗り始めで、コースを1周してきて今日は生きて帰れないと本気で頭を抱えたwww 結局他のビギナーの参加者の走りを見て安心したのをおぼえている。

“走り納め”の写真はこちら
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.339338219426883.96091.100000521249112&type=1&l=0dd6df6a78

1月1日
昼から年末に準備をしておいたお気に入りの日本酒、浦霞純米を引っ張り出して呑む、呑む、呑む、後は寝るwww
P1101342.jpg


1月2日
チーフYと7トレへ。ついてみると珍しく誰もいない。早速北側のトレイルへ。そして南側のテクニカルなシングルトラックへ、ガレ場を登り返して南の奥まで行ってみる。
久しぶりの7トレだけどやっぱりここは楽しい~www

この場所はとても思い入れのあるトレイル、それは人に教えてもらったのではなく何の情報もなく自分で2万5千の地形図を見ていて走れると確信して来てみたところ。勿論来てみたら知る人は知っているトレイルだったのだけど自分が山を登っていた頃のルートファイティングの知識を生かせたことが嬉しかった。もう6年前のこと。

1月3日
ゲイリーさんのショップのMTB走行会。なんと、ゲイリーさんが年末からウイルス性急性胃腸炎でダウン。急遽僕が仲間の力を借りながらゲイリーさんの代理でみんなを率いて行くことになる。参加者9名、多摩川の河川敷のトレイルへ。
今回の大きなテーマは“悪ガキの頃を思い出して河原の流木で焚き火をしよう”というもの、まずは成功だったので次回は飯盒炊爨なんぞをやりたいなwww

“走り初め”の写真はこちら
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.341412022552836.96671.100000521249112&type=1&l=e0a6cfa5c6

1月8日
今日と明日は僕の持っているファーストエイドの資格のブラッシュアップのためのプログラムが行われる。
で、本日はBLS-Yokohamaの傷病者対応コースforバイスタンダーズに参加するため横浜へ。

これはAHA(米国心臓協会)の日本のインストラクターが開催しているCPR(心肺蘇生)&FA(ファースト・エイド)のシュミレーションを世界標準であるG2010に準拠した最新の情報を基にしたプログラム。
その内容は、心肺蘇生法とAED&窒息解除、FA「反応なし、呼吸あり」、FA「反応あり」、命に関わる優先順位、安全確認、119への通報の仕方、FA各論(出血、頭部及び頸の怪我、脳卒中、心臓発作、痙攣、重度のアレルギー、捻挫&打撲&骨折)となっている。これを参加者同士1対1のバディを組み状況設定の中でシュミレーション対応をしていくというもの。
最後の総合シュミレーションでは事故現場の写真を見せられ、倒れている自分のバディに何を出来るのかと自分が学んできた経験が試される。
P1081291.jpg

ファーストエイドに興味のある方はこちら
BLS-yokohama

1月9日
今日はWMA(ウィルダネス・メディカル・アソシエーション)のブラッシュアップ講習会。
基本的には昨日と同じだけど、こちらはアウトドア環境を想定したもの。従って救助は呼んでも30分や1時間はこない、もしくは携帯電話も通じないという状況下でどのような対応ができるかをためされる。
開催場所も昨日の横浜の県民ホールとは真逆の秩父の手前正丸峠にある名栗げんき村という山の中のキャンプ場。覚悟はしてたけど寒いですwww でも、まぁ始まって真剣モードにはいちゃえば寒さは感じなくなるはず。

で、午前中は早速総合シュミレーション。シナリオも結構ハードですwww
シナリオ
山中で2台の車による衝突事故。そこを発見したハイキング中のグループがファーストエイドを行うという想定
。1台目の車には4人乗車、運転手は衝突のショックで心臓麻痺で心肺停止、助手席の女性はサイドウインドに頭を強くぶつけ意識混濁、後部座席の男性は事故のショックで錯乱状態、もう一人の女性はシートベルトが首に絡みつき心肺停止。2台目の車には、両足を骨折した運転手、助手席には怪我をした女性、後部座席には事故のショックで破水し陣痛の始まった妊婦さんwwww というもの。ついでにハイキング中の一人が救助に向かうのに急いで転び腕を骨折wwwww 一つ一つの症例はあったとしても全部一遍に起こる確率は何万分の一wwww

僕の役目は一台目の車の運転手、最後は死亡する役目ですwwww
ここで大事なのは亡くなった遺体をどう処置するかということ。周りの生存者や救助者達への心理的影響を考慮できるかどうかを問われることになる。まぁ、その前に30分間CPRを受けるのだがその時の救助者への評価も大切な役目。そう、患者役をやることによって自分が救助者になった時はどのように行動できるのかを学ぶ機会でもあるのです。
そんなこんなで午前中が終了、午後からは1対1のシュミレーションと総合シュミレーションを繰り返しあっという間に終了の時間に。
僕は午後の総合シュミレーションでリーダー役をやったのだが自分で点数をつけるなら40点、赤点です。とりあえずトリアージは出来たと思うのだが状況の詳細な把握の欠如、判断の遅れ、リーダーである自分が動き過ぎてしまった等々、反省することばかりでした。でも、失敗は学びに繋がることを信じて勉強を続けるつもりです。

写真はこちら
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=346318122062226&set=a.346318085395563.97662.100000521249112&type=1&theater

ウィルダネス・ファーストエイドに興味のある方ははこちら
Backcountry Rescue

個人的には盆とクリスマスと正月と節分が一緒に来たみたいな年末年始を過ごしたヤマミチでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/57-d192e7fd

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。