プロフィール

野風ヤマミチ

Author:野風ヤマミチ
1980年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。1990年ごろから環境問題の雑誌に関わったことをきっかけにエディター、ライターも兼ねるようになる。時を同じくして子供の頃より関わってきたボーイスカウト活動にリーダーとして復帰する。2001年ボーイスカウトの制服を脱いでからノンフォーマル・エデュケーション(野外教育、環境教育、冒険教育等)を仕事の柱に据え活動、執筆をしている。
現在シングルトラック・プロジェクト野風を主催、マウンテンバイクのスクール&ガイドインストラクター、小中学生の野外活動インストラクター等も務める。
1960年東京生まれ 趣味 手作りの道具で野宿、焚火、山旅

資格
日本マウンテンバイク協会 B級インストラクター
INBA ナショナル・マウンテンバイク・パトローラー
WMA ウィルダネス・アドバンスド・ファーストエイド取得
WMA ウィルダネス・ファースト・レスポンダー取得
AHA  ハートセイバー・ファーストエイド ハートセイバー・CPR・AED 取得


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1226位
アクセスランキングを見る>>

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士見パノラマCコース“野風”のスクールにて

「じゃあ、ゆっくり行きますから着いてきてくださいネ」と声を掛けコースイン、「ブレ~キ」、「離す」、「インに振って」、「バンクにタイヤ当てて、腰引いて~」、「ハイ、ブレーキ」と僕が叫んでいる。ここはダウンヒルの聖地と呼ばれる富士見パノラマのCコース。全長7.2㌔高低差800㍍日本で一番長いダウンヒルのコース。他にBコースとAコースがあるけれど、Bは無茶苦茶テクニカルで初心者では歯が立たないし、Aは自転車競技連盟の公認コース高低差800㍍を4㌔で下り切る高速コース、クロスカントリー用のマウンテンバイクのブレーキでは歯が立ちません。
P5272308_convert_20120530081630.jpg
Cコース入口。この後ろの林の暗い穴のような所に飛び込んで行きますw

今日は、つい半年前までビギナーだったスクール参加者のパノラマCコースデビューの日。逆に言ったらヤマミチのインストラクターとしての力量が試される日でもある。もし、僕の教えたことが参加者達の力量に合っていなかったならそれは大きな怪我に繋がってしまうし、また参加者達が怖い思いだけをして楽しめなかったらそれもイベントとしは失敗である。
参加者もドキドキならヤマミチもドキドキなのであるwww
P5272311_convert_20120530081841.jpg
二人のこの笑顔を見てほっとするヤマミチでした

STP野風としてスクールを初めて一年経ち、次にどんなプログラムを展開しようかと考えたのがこのパノラマデビュースクール。アドバンスのスクール1回とトレイル走行2回を経た後パノラマデビューという内容。いつものビギナースクールから始めると半年かかるプログラム、果たして参加者はありやと心配したけれど3人が参加してくれて、今回のパノラマはそのうちの2名のデビューとなった。
P5272316_convert_20120530082214.jpg
ここに来る8割のライダーはこんな感じの完全装備。僕らのような里山スタイルは少数派

このCコース、エリートクラスのライダーだったら10分代で走り切る、速いアマチュアで15分代、僕らの乗るクロスカントリー用だったら17分で下れたら御の字だろう。それも身体が持てばの話しであるがwww初めての人が5分も乗ると口にするのが「下りがこんなに疲れるとは知らなかった」という決まり文句。フクロハギとニノウデがパンパンになって指は力が入らずガクガク。知らない人には自転車に乗ってるのに何故と思うだろうけれど、ダウンヒルではペダルを水平にしてその上に立ち、膝と肘は曲げておく。ようするにペダルの上に中腰で立ってハンドルに手を掛けている状態でダートの坂道を時速30㌔以上でマウンテンバイクをコントロールしながら下って行くのだ。
スキーやスノーボードを初めて遊びに行ったら必ずスクールに参加するか、友達にきちっと習うかすると思う。マウンテンバイクも同じ、ビギナーのスクールでは「マウンテンバイクは自転車ではありません、サーフィンやスノボの板と同じモノなんです」という言葉で始まるけれど、今日はそのスノボの板のようにマウンテンバイクを乗りこなす日でもある。
P5272312_convert_20120530082138.jpg
休憩中

2本目、今度はヤマミチが参加者の後ろを走りながらアドバイスを送る。「ブレーキ掛けないよ、我慢我慢」、「ハイ、ブレーキ―」等々。二人ともチャンとラインを自分で選んで走っている、OK。
あっつ、先頭を行くN君がジャンプスポットで飛びそうになる。「うわっー」と声を上げコースアウト。でも、しっかり腰を引きリアタイヤを流して事なきを得る。「OK、OK」とヤマミチ。
スクールで習った事をしっかりと行い転ばずにリカバリー。これが出来ればビギナーは晴れて卒業ですwww

3本目、ヤマミチが走る後ろを2人に着いてくるように指示。僕は6分の感じで流す。二人ともしっかりと着いて来てくれます。始め休憩所ごとにヤマミチとの時間差を測ったら1分以上開いていたのが30秒以内に収まるようになってきた。ここまできたらもう一人Cコースを走っても大丈夫。次にパノラマに来たら今度は3人で Bコースに挑戦しませうwww
P5272320_convert_20120530082253.jpg
今回は3人とも輪行の電車でやってきました。パノラマから駅まで富士見町の田園風景をプチツーリング。我がスクールはあくまで里山MTBerを目指すのですwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://nokazeyamamichi.blog9.fc2.com/tb.php/68-0b1b4ed0

まとめtyaiました【富士見パノラマCコース“野風”のスクールにて】

「じゃあ、ゆっくり行きますから着いてきてくださいネ」と声を掛けコースイン、「ブレ~キ」、「離す」、「インに振って」、「バンクにタイヤ当てて、腰引いて~」、「ハイ、ブレーキ」と僕が叫んでいる。ここはダウンヒルの聖地と呼ばれる富士見パノラマのCコース。全長7...
2012-05-30 14:59 | まとめwoネタ速neo

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。